コンビニ受診対策

昨今の医療現場で問題視されているコンビニ受診について、医師として昼夜を問わず、身を粉にして働いている方にとっても不快な出来事なのではないかと思います。そもそもコンビニ受診というものはどんな受診状況なのかというと、夜間や休日などの外来診療時間外の時間に、24時間営業の便利なコンビニ利用するかのごとく患者が、救急外来を受診すること指した言葉です。


本当に緊急性のある症状ならば仕方のないことですし、その為の当直や夜勤だったりします。ところが最近では、緊急性のない軽度の風邪やケガなど、正直なところ自宅における応急処置で間に合う症状で救急外来に訪れる患者が増えているのはまぎれもない事実です。これを医療従事者サイドから防ぐことはできないのでしょうか。


コンビニ受診は様々な地域や病院で問題になっていますが、医療の現場ではどのような影響がもたらされているのでしょう。コンビニ受診をする患者は実に個人的な理由で行われるものが大半です。

しかし、本来の救急外来は緊急患者のために開かれているものであって、夜間や休日ならば大規模テロでも起こらない限り、訪れる患者は少数であるという想定のもと運営されています。

そのため、平日は用事で埋まっているからとか、日中は仕事でとか、夜の方が空いてるからとかいう気軽な気持ちで受診されてしまうと本当に重症で困っている急患の受け入れの妨げになってしまいます。さらに困った患者の中には、救急なのにも関わらず時間のかかる精密検査などの高度な診療を要求する人もいるようです。これに対応しようとすると、時間や労力も必要になりますが、専門医への協力の要請をしなければならい自体にまで発展してしまうかもしれません。

担当医師としても当然負担が大きくなり、体力の消耗や過労につながるリスクをはらんでいます。


医師は患者が診察に訪れたら、手加減して診察するということはできません。もちろん、診察するまで本当に重症なのか、はたまたコンビニ受診で来院しているのかはわかりません。

病院側、医師側からは断れないということを理解した上で、医療機関を利用する際には然るべき時に然るべき方法で受診するべきだなと思います。