新専門医制度の懸念

新専門医制度は、医師でない人からみても、わかりやすい基準で設けられた専門医の肩書きは社会一般からみたら非常に明朗で安心して受診しやすくなるとてもありがたい制度のように思います。


これで一般的にもわかりやすく、医師としてもキャリアプランも組みやすい制度ができたといかないのが難しいところです。昨今では総合診療科というマルチに病気を診断してくれる診療科の存在も大きくなりつつあるにも関わらず、この新専門医制度のサブスペシャルティ領域に総合診療科専門医という領域が今の段階では設けられていないようです。


総合診療科は、地域医療やプライマリケアを担う診療科なので、一般利用者が最も多い診療科といってもいいのではないでしょうか。総合診療科専門医が地位kの病院やクリニックで患者の診察を行い、主訴や症状、検査結果などから診断し、より専門的な治療が必要な場合はその専門の診療科のある病院や専門機関に紹介するという仕組みで地域医療はまわっています。


そう考えると、総合診療科医師の数は一定数確保する要が出てくるはずなのですが、サブスペシャルティ領域が用意されていないことから、総合診療科専門医にはステップアップできないのではないかという懸念が出てきているようです。また、その不安から総合診療科専門医を最初から選択しない医師も出てくる可能性も指摘されているようですが、具体的な変更はまだなされていないようです。


そんないくらかの問題もありますが、新専門医制度によって、今までバラバラだった認定水準が、第三者機関による評価で統一されることにより、医療機関を利用する側としてもとても安心な環境になりました。