Uncategorized

素晴らしい仲間との交流

私はこれまでたくさんの人に出会い、交流してきた。

学生時代のクラス・部活の友人たち、医学生時代からの仲間などたくさん出会ってきた。ともに同じ目標を志し、同じ方向を向いて一緒に行動していた人と過ごす時間は素晴らしく、お互いの人生や人間性・価値観を変え得るほどの影響を与え合ったと思える。

例えば、中学時代に所属していた野球部では、一緒に地区大会を突破するのだという目標のもと汗を流した仲間たちと結束したものだ。その仲間たちとは今もなお語り合える深い付き合いを続けている。また、私実は一度医学部の受験に失敗し浪人も経験している。その予備校で出会った医学部合格という目標をともに掲げた仲間がいる。そして、ドクターになり医療という面から社会に貢献したいという志をともに持つ仲間たち。

たくさんの人と過ごしてきた時間というのは、人として医師として成長できたなという実感があり、今でも私のかけがえのない財産の一つである。

ところで、アメリカ出身で成功哲学について論じているとある著作者は、同じ志を持ってお互いに尊重し励まし合え・尚且つ相手の目標達成を自分の事のように望み・情熱をもって取り組める仲間を「マスター・マインド」と称している。私の場合で置き換えてみると、学生時代の野球部・予備校で出会った仲間がまさしく「マスター・マインド」だといえるだろう。

そして今私の目指すところは、開業医同士がマスター・マインドとしてともに共感しあえるコミュニティーを形成することである。

我々医療従事者がよりよい形で活躍でき、もっと言うと仕事と私生活の調和を図っていく。なぜそこに重きを置くかというと、それが長期的スパンで考えたらより質の高い医療の提供につながっていくと思うからだ。

私は、開業医・勤務医・医療に携わるスタッフが輝ける場を作っていきたい。そしてそれを広め、応援していきたい。このことが、「医療を通じて、日本の未来を明るくする」ことにつながっていくと私は信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です