Uncategorized

メンタルヘルスケアの実践

N病院は、精神科専門病院であり昭和10年に開設されて以来、「博愛と奉仕の心」、「和の精神」を理念として、精神疾患を抱える患者さんとその家族、地域住民に対して安心と満足を提供すべく医療を行ってきた。

N病院では、精神科急性期治療病棟、精神療養病棟、老人性認知症疾患療養病棟というように、機能別に病棟を配置することにより多様化した精神疾患の入院ニーズに対応しており、デイケアやデイナイトケアの他に、生活訓練施設や通所授産施設、地域活動支援センター、訪問看護ステーション、障害者就業・生活支援センターなどと連携して精神科リハビリテーションにも注力している。

N病院では、今後も「地域との連携を深めつつ、従来の入院中心の精神科医療から、総合的な精神医療サービスへと発展させていく」ことを目指して医療を提供していこうと考えている。

N病院には、国立・公立・私立を問わず様々な大学を卒業した医師が在籍しており、ベテランから若手まで自由に話し合える雰囲気の中で業務を遂行、症例検討会や外部講師を招いた勉強会を定期的に開催し、精神保健指定医が指定医の取得を目指す医師への指導を適宜行っている。

また、初期臨床研修を終えた医師を対象に後期研修も行っており、急性期治療病棟では様々な症例が診れる他、学会発表の機会も提供している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です