Uncategorized

動脈硬化の程度を診断するには

頸動脈を超音波でみる検査を頸動脈超音波検査というそうです。総頸動脈のほぼ全長と内顎動脈、外顎動脈、椎骨動脈のいち部を観察することができるそうです。検査では、超短波探触子を顎部にあてて、超音波で血管内のようすを描き出すそうです。苦痛はないそうです。

検査でみつかるのは、頸動脈の動脈硬化巣と狭窄、閉塞、乖離の有無だそうです。頸動脈硬化の程度を知ることができるそうです。血管壁は内側から内膜、中膜、外膜の3層に別れているそうです。通常は内膜と中膜とを合わせて内中膜複合体・IMCと呼ぶそうです。IMT:内中膜複合体(厚さ)や動脈硬化巣の性状と厚さ、狭窄があればその程度がわかるそうです。

頸動脈のIMTが厚い場合、脳梗塞や心筋梗塞の発症率が上がるそうです。IMCの厚さの基準というのは、年齢によって異なるそうです。通常は1mm未満を正常とするそうです。1mmを超えてくると、動脈硬化と判断されるそうです。これは加齢でも厚くなったりするそうです。高血圧や脂質異常症(高脂血症)、たばこもIMCを厚くさせてしまう原因だそうです。頸動脈プラークがある人は、心血管事故のうち、約60~70%が不安定狭心症や心筋梗塞といわれているそうです。頸動脈プラークが見つかったら、どういう治療をしたらよいかというのはまだ、はっきりとわかっていないそうです。

一般的にはまず鉱脈硬化の危険因子を評価して、それらを糺すことが心血事故、すなわち心筋梗塞、脳梗塞、およびそれらによる死亡をへらす有効手段といえるそうです。高度の狭窄があると、手術で頸動脈内のプラークを除去する治療やカテーテル治療も選択肢になるそうです。ステント植え込み術というそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です